全てのインプラント治療にとっ

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、きちんと感染症対策がなされている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのは必須です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番ふさわしいでしょう。インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の成否を分けます。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。

インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。

インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。

インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが優位に立ちます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

最近話題になることも多い治療法であるインプラント。

ですが、制約もあるので覚えておきましょう。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、その通りのケアを心がけてください。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて我慢あるのみです。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

義歯でも、見た目や使用感を要求する方に向いています。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。

それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という段階を踏みます。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。

引用元