インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。

別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。しかし、難点もあるということに気を付けてください。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのは必須です。また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることはもちろんです。治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。

これはなぜでしょうか。一つには、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上にセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。確定申告をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、命に関わる大事な問題です。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことを勧めます。

人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくというケースも稀に報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。

日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

こちらから